こころの故郷

長野県北佐久郡佐久市望月。本州のど真ん中、信州の高い山々にかこまれた里山に住む、私たちの料理の師匠「職人館」の北沢さんこと、通称北さんが足繁く通う喫茶店には公民館の様に町民が集います。専業農家のおじいさんやおばあさんに混り、無農薬の野菜を育てるたくさんの若い農家さんもやってきます。この風景こそが私たちのこころの故郷、日本の原風景といえるのではないでしょうか。

野や山、本当の宝は足元にある

北さんの営む蕎麦料理の「職人館」は、佐久望月の長閑な田園にありますが、日本全国からお客さんは集まってきます。山の女神が旬を教えてくれた春の山菜や水芹、筍。近隣の農家から分けてもらう野菜や、秋の地キノコ、薬草や木々を燻したお茶など。素材の持ち味を活かした料理に変えられて食卓にどんどん並びます。食べ終わる頃には皆、この里山暮らしの豊かさに魅せられてしまうとともに、本当の「食の豊かさ」がこの里山にあることを実感します。北さんは言います。「答えは野が教えてくれる。まずは足元の価値を大切にしねーと。野や山の女神が恵んでくれた元気なものを食べてるのが 1番のごちそう。元気な野菜に塩をふってやるだけ。俺はなんもしてねーさ」。

もうひとつのdaidokoro料理長 石澤晴美

「もうひとつのdaidokoro」の料理長を務める石澤さんは、いつも笑顔を絶やさず即行動。お客様、そしてスタッフから「ハルさん」と呼ばれ親しまれています。
オープニングスタッフとして「もうひとつのdaidokoro」に参加し、リーダーとして活躍してきましたが、2年目に入ると同時に料理長に就任しました。
元々、大の肉好きだったハルさんですが、重度のアレルギーを発症してしまい、それ以来、大豆や植物性タンパク質のレシピ研究に情熱を費やし、美味しさと健康に配慮した大豆ミートの献立を得意としています。
埼玉を中心とした生産者さんとの信頼関係も厚く、安心安全、そして母の様な愛情で献立を日々お届けする「もうひとつのdaidokoro」のシンボル的存在です。