催しもの

もうひとつdaidokoroでは、現代の台所料理を提案するのはもちろんですが、夜の時間は、もうひとつdaidokoroにちなんだ様々な食のイベントが開催されます。ランチを食べにいらっしゃる方も、もうひとつdaidokoroを知るきっかけとなったのが、講座という方も大歓迎。日々の暮らしに役立つ講座が目白押しです。現代の台所という空間から発信するのにふさわしいプログラムは、月6回〜8回の開催を予定しています。daidokoro講座は、大きく分けて5つのカテゴリーで開催されます。私たちが日頃お世話になっている生産者さんから直接お話しを聞いて、それを料理として味わったり、台所ならではのITADAKIMASU、MOTTAINAIの発想にも合致した内容でお届けする予定です。詳細は各催しもののページに記載いたします。

里山料理人北沢正和さん(北さん)の連続講座2期目が始まります。
1月25日(木)北さんの夜な夜な「雑」談の会 第一回「雑談」食について、本音の話し

daidokoroの料理人柳谷晃子がお届けする料理教室つきのランチをご用意しました。
1月24日(水)柳谷晃子の 心が元気になるdaidokoro料理 「冬にグッと甘みを増す大根」講座付きランチ

全国各地の選りすぐりの名酒や迷酒をきき酒しながら、迷宮世界 を探訪しましょう。
1月19日(金)稲葉由美子の日本酒ラビリンス 「新年を寿ぐ」

心が温かくなる世界の郷土菓子を学ぶシリーズ。 今回はバレンタインのチョコレートデザートです。
1月17日(水)林周作の世界郷土菓子カレンダー 「バレンタイン」

大分県臼杵市に、4年間足を運び紡いだ、革新的な農業方法をめぐる記録映画「 100 年ごはん 」を上映します。
1月16日(火)大林千茱萸監督 「100年ごはん」上映会&トークショー

自遊人編集長の岩佐十良さんを迎え、地方におけるレストランの可能性について語っていただきます。
1月12日(金)岩佐十良のレストランは地方を変える!! 「ローカル・ガストロノミー、美食を求めて旅する時代」

家庭でお祝いするクリスマス の食卓です。ぜひご一緒にクリスマスのひと時を穏やかに楽しく過ごしませんか?
12月21日(木)柳谷晃子の心が元気になるdaidokoro料理 「daidokoroがお贈りする、おうちでクリスマス」

澁川祐子さんが講師を務める「台所道具としての器」シリーズ最終回は、冬のパーティーを彩るスリップ ウェアを紹介します。
12月15日(金)澁川祐子の台所道具としての器 「スリップウェアでパーティーを華やかに」

信州の冬野菜、三陸の海の幸やチーズを愉しむビュッフェスタイルのクリスマス パーティーをご用意しました。
12月14日(木)里山料理人北沢正和と チーズマイスター本間るみ子のクリスマスパーティー 「信州の冬野菜と三陸の海の幸、チーズを愉しむdaidokoroビュッフェ」

中医薬剤師・国際中医師の資格を持つ村岡奈弥さんを迎え、薬膳の考え方で美味しくなるコツを学びます。
12月11日(月)村岡奈弥の料理上手になるためのヒント、 五感が蘇る薬膳の知恵「おせち料理を薬膳の考え方で」

5つのカテゴリーから選ぶ

新daidokoro宣言