催しもの

もうひとつdaidokoroでは、現代の台所料理を提案するのはもちろんですが、夜の時間は、もうひとつdaidokoroにちなんだ様々な食のイベントが開催されます。ランチを食べにいらっしゃる方も、もうひとつdaidokoroを知るきっかけとなったのが、講座という方も大歓迎。日々の暮らしに役立つ講座が目白押しです。現代の台所という空間から発信するのにふさわしいプログラムは、月6回〜8回の開催を予定しています。daidokoro講座は、大きく分けて5つのカテゴリーで開催されます。私たちが日頃お世話になっている生産者さんから直接お話しを聞いて、それを料理として味わったり、台所ならではのITADAKIMASU、MOTTAINAIの発想にも合致した内容でお届けする予定です。詳細は各催しもののページに記載いたします。

世界の伝統料理を1プレートで気軽に食べよう!!
“としま”豊かな食コンクール(高校生の部)

七夕の日に、一日を通してWACCA池袋にて韓国を感じて頂けます。
WACCAで感じる衣・食・音~イベント案内

今回の蔵開きは「郡上のものづくり・食・祭」を体感していただきます。
郡上藩江戸蔵屋敷 vol.11 楽しむ郡上と美味しい郡上

いよいよ3年目に突入しました、北さん(職人館・北沢正和)の人気講座がスタートいたします。
山 / 野 / 海 あるがままの食の魅力再考 職人館 北沢正和

ホテル・レストランで腕を振るっているプロの技を間近でみるチャンスです!
街の巨匠に学ぶ「西洋料理の極意をシェフに学ぼう」

澤野新一朗のエネルギー溢れる花々の映像の中で、 本道佳子が創り出す「和ビーガン」料理をいただく。
写真家・澤野新一朗×和ビーガンシェフ・本道佳子 ――「神々の花園」で食す「和ビーガン」の夕べ――

〜花と野菜とJAZZの夕べ〜
Vegetable Wonderful Night

わたしの中にある『たね』をみつめるひとときをロータルトとともに。
【残2名さま】わたしの”たね”と繋がるロータルトWS in東京

5つのカテゴリーから選ぶ

  • 台所の本質に迫る。
  • 日本の多様な食文化を感じる、持ち帰る。
  • 食に対し湧きあがる好奇心、あくなき探究心。
  • 台所の基本「MOTTAINAI」を学ぶ。
  • 日本人に備わる「ITADAKIMASU」。

#新daidokoro宣言 Instagram