催しもの

  4月21日(金)台所道具としての器Vol.1「すり鉢」

2017.04.21

4月21日(金)台所道具としての器Vol.1「すり鉢」

日本全国で活躍する窯元や作家たちの作品の中から「台所道具」としてのうつわを取り上げるシリーズ講座。講師には、フリーライターで「オムライスの秘密・メロンパンの謎ー人気メニュー誕生ものがたり」の著者でもあり、現在はNHKきょうの料理のテキストでも「暮らしを彩る日本のうつわ」を連載されている澁川祐子さんをお迎えし、お届けします。

初回は調理道具としても必需品で、日本ならではであり、そのまま器としても食卓で楽しめる「すり鉢」を取り上げます。
「もうひとつのdaidokoro」では、小鹿田焼や、小代焼瑞穂窯福田るいさんなどのすり鉢を愛用し、野菜のお惣菜を盛り付けております。
全国の窯元を熟知した澁川祐子さんはどの産地・窯元のすり鉢のお話をしてくださるでしょうか?
お楽しみに。
当日は、すり鉢を使った料理のデモンストレーション、すり鉢料理の試食(ワンドリンク付き)で、楽しい雰囲気で届ける新しいタイプの器講座です。
詳細は後日Facebook のイベントぺージにアップしていきます。こちらもあわせてFollowお願いします。http://facebook.com/daidokoro.wacca/
日時:4月 21日(金)
OPEN:18:30
START:19:00
料金:3,000円(すり鉢料理の試食、ワンドリンク付き)

澁川祐子さんプロフィール

1974年神奈川県生まれ、フリーライター。食や工芸を中心に執筆、編集を手がける。『最高に美しいうつわ』(SML・監修、エクスナレッジ)の取材構成、『スリップウェア』(誠文堂新光社)の編集ほか、著書に『オムライスの秘密メロンパンの謎』(新潮文庫)がある。現在、NHKテキスト『きょうの料理』にて「暮らしを彩る日本のうつわ」を連載中。