催しもの

  未来食卓会議 #2 meeting 「絶滅危惧食『豆腐』」

2018.08.19

未来食卓会議 #2 meeting 「絶滅危惧食『豆腐』」

「未来食卓会議」では、8/19(日)に第2回となるmeetingを開催します。テーマは世界に誇る身近なスーパーフード「豆腐」。実は年間500軒のペースで廃業が進む『絶滅危惧食』なんです。お豆腐の保存活動に全力で取り組む”まめちゃん”こと工藤 詩織さんをお招きして、豆腐の未来を考える場をつくります。

◇8月19日18:30〜21:00(受付18:00〜)
◇4,000円(消費税込み)
◇講師:工藤詩織「豆腐マイスター」通称
:まめちゃん
◇料理:蓮池陽子 料理家
◇お豆腐料理とお豆腐のお土産付き

環境変化&サステナブル・栄養補給の観点から、今後100年後にはなくてはならない食材になるべき世界に誇るスーパーフード、「豆腐」。実は日本で今、年間500軒ずつお豆腐屋さんが消えつつあります。その理由は、高く売れない現状、重労働、後継者不足と様々であるものの、町からお豆腐屋さんがなくなるということは、農業を含む風景がなくなり、地域の食や関連する歴史文化が失われ、ひいては日本の食全体が変化するということでもあります。100年後の未来に「豆腐」カルチャーを残すべく、お豆腐の現状と価格の意味、本当に美味しい「豆の味がする」お豆腐のことをきちんと知る機会を設けたいと思いました。

*当日は料理家・蓮池陽子によるお豆腐料理とお土産付き(豆腐)です。

<GUEST PROFILE>
工藤詩織(通称:まめちゃん)
幼少期から豆中心の食生活を送る中で、豆腐は常にその中心にあり、無類の豆腐好きとして育つ。外国人に日本語を教える講師を目指して勉強する過程で、食文化も一緒に伝えたいと「豆腐マイスター」の資格を取得。国内だけに止まらず海外でも、手作り豆腐ワークショップや食育イベントを通して経験を積む。2018年より「往来(おうらい)」をテーマに2拠点で農場と都市を行き来しながら本格的に活動を開始。豆腐関連のイベント企画・メディア出演などを通して、各地で豆腐文化の啓蒙活動を行なっている。2018年3月「マツコの知らない世界」に出演し、マツコ・デラックスを驚かせた一面も。

<企画運営>
蓮池陽子 Yoko Hasuike
福留千晴 Chiharu Fukudome
菊池 博文 Hirofumi Kikuchi