催しもの

  3月14日(水)林周作の世界の郷土菓子「イースター」

2018.03.14

3月14日(水)林周作の世界の郷土菓子「イースター」

34ヶ国を巡り、400 種類以上の郷土菓子を味わってきたシェフパティシエの林周作さんをお迎えし、心が温かくなる世界の郷土菓子を学ぶシリーズが始まりま す。第4回は「イースター」。日本ではあまり知られていない郷土菓子の数々を、 旅のエピソードを交えながら楽しくご紹介します。
一足先にイースターにまつわる世界の郷土菓子と林さんならではのエピソード、一緒に味わってみませんか。
イベント当日は、テーマにちなんだ郷土菓子3 種とワンドリンクを提供します。

日時:2018年3月14日(水)19:00~21:00 [OPEN: 18:30]
講 師:林周作
共 催:郷土菓子研究社
料 金:4,000円[税別]※郷土菓子3 種とワンドリンク付き
定員:40名
※全4回の講座となります。(1回毎の参加も可能です)

【次回以降日程とテーマ】 
第 4 回 2018 年 5 月 16 日(水)ラマダン

講師プロフィール:林周作 (シャフパティシエ)
世界の郷土菓子職人。1988 年、京都府出身。2012 年 6 月~2015 年 12 月、フ ランスから上海まで自転車でユーラシア大陸を横断。訪問した国は 34 ヶ国、味 わった郷土菓子の数は 400 種以上。現在は「Binowa Cafe」(東京・原宿)で郷 土菓子を作り続けている。著書『世界の郷土菓子』(河出書房新社)など。
プロフィール出典:郷土菓子研究社ホームページより
https://www.kyodogashi-kenkyusha.com