催しもの

  12月11日(月)村岡奈弥の料理上手になるためのヒント、 五感が蘇る薬膳の知恵「おせち料理を薬膳の考え方で」

2017.12.11

12月11日(月)村岡奈弥の料理上手になるためのヒント、 五感が蘇る薬膳の知恵「おせち料理を薬膳の考え方で」

おせち料理には昔から、不老長寿を願う食材が多く使われていました。中医薬剤師・国際中医師の資格を持つ村岡奈弥さんを迎え、海老や卵、栗などの食材の扱い方から、おせち料理には欠かせないお屠蘇や紅白なますまで、薬膳の考え方で美味しくなるコツを学びます。

日時:2017年12月11日(月)19:00~21:00 [OPEN : 18:30]
講 師:村岡奈弥(料理研究家・国際中医師)
料 金:5,000円[税別]実食付き
定員:25名
持ち物:エプロンをご持参ください
※通年講座(1回毎のご参加も可能です)
【次回以降日程とテーマ】 
第6回:2018年2月5日(月)寒い季節にお腹を温める肉料理

講師プロフィール: 村岡奈弥(料理研究家・国際中医師)
辻クッキングスクール退職後、フランスへ留学。帰国後、カルチャースクールなどの講師、食品会社アドバイザーを務め、またチョコレートショップ「コンデトライ・クサカリ」(八王子)にて、チョコレート作りの修行をする。料理教室「エミーズ」にてチーフコーディネーターを9年間勤める。フランスの三ツ星レストラン「ミッシェル・ブラス」にて修行。両親は医学博士、漢方医という境遇の中で、1995年、国立北京中医薬大学日本分校 食養・養生学科に入学。1998年卒業し、「中医薬膳師」の資格を取得。その後、「国際中医師」の資格も取得。現在、日本中医食養学会常任理事、国立北京中医薬大学日本校講師を勤める。また料理教室を主宰し、新聞・雑誌などへの料理掲載、講演会、テレビ主演など。また、ホテル、レストランなどのメニューの開発なども手がける。
プロフィール出典:村岡奈弥オフィシャルホームページより
主な著書
「家族をいたわるスープブック」(講談社)
「アンデスのスーパーフード キヌアレシピ」(成美堂出版)
「乳がんの人のための日常レシピ」(株式会社ブックエンド)
「いつもの野菜で薬膳する」(講談社)
「おもてなし上手のシンプル四季ごはん」(中央公論社)
「さびない漢方ごはん」(NHK出版)、
「からだの中からきれいをつくるパワーレシピ」(講談社)
「乳がんの人のためのレシピ」(法研)
「フルーツいっぱいのお菓子」(成美堂)
「野菜の力で体の調子を整える」、「美肌のための野菜料理」(いずれも千趣会)